介護士が派遣社員として働くデメリットとは?

f:id:mameb:20160723104913j:plain

時給が高い、残業が少ない、シフトの希望が出せるなど、メリット満載の介護士派遣ですが、その一方でデメリットも少なからず存在します。

個人的には、介護の仕事をするなら絶対に派遣をおすすめしていますが、人によっては正社員の方が良かった!という場合もあるかもしれません。

読者の転職を導く身として、あまり身勝手なことばかりは言えませんので、今回はあえて介護士が派遣社員として働くデメリットをいくつかご紹介します。

メリットとデメリットの両方を十分に理解してから、派遣社員として働くべきなのか、それとも正社員として働いた方がいいのかを決めて頂ければと思います。

派遣社員には最長3年という契約期間がある

派遣社員は労働者派遣法に基づいて働くことになります。その労働者派遣法には「3年以上働く派遣社員は、その会社の正社員にしなければ ならない」とあり、必然的に契約終了となる場合がほとんど。

つまり、同じ派遣先で働き続ける期間は最長3年という事になります。いくら居心地が良い職場でも、3年後には必ず次の職場へ移動しなければいけないという制限があります。

どうしてもという場合は、派遣先と派遣会社に相談して、紹介予定派遣に切り替えてもらうと良いかもしれませんね。

派遣先の業績次第で派遣切りがあり得る

慢性的な人手不足が続く介護業界では滅多に聞きませんが、派遣先企業の業績次第では、派遣切りの可能性もゼロではありません。

会社経営で支出を抑えるための最もシンプルで簡単な方法は人件費の削減です。人件費削減となれば、最もコストのかかる派遣の契約を終了する形になるでしょう。

だた、介護施設や事業所は必要最低限の人員配置で回している所が大半ですので、急な派遣切りの心配は不要でしょう。

派遣社員は業務範囲が限られている

当たり前ですが、ご家族対応やレクリエーションの企画運営は正社員の仕事です。もちろん、現場をまとめるリーダーも正社員の役割。

いくら派遣の自分が優秀で経験豊富な介護士であっても、正社員以上のポジションで働くことは難しいでしょう。派遣社員は誰にでも出来るような仕事を、ただ延々とこなすことが使命となっています。

責任のある仕事は勘弁!という方には、むしろありがたい話しですよね。

仲間として見られない場合もある

私は未だ経験がないのですが、稀に社員同士の仲間意識が非常に強い職場があると聞きます。過去に派遣で来た介護士が相当ひどかったのかどうかは分かりませんが、「派遣=高給取り」といった扱いで接してくる職場もあるそうです。

時給相応の働きをして、そういった偏見の人たちを見返す必要がありそうですね。

派遣のメリット・デメリットを理解しよう

仕事に生きるタイプの方であれば派遣はおすすめ出来ません。ひとつの職場でキャリアを積んで、将来はリーダーや施設長を目指したいという方は正社員求人を探してください。

逆に、仕事とプレイベートを割り切って、とにかくお金を稼ぎたい方には断然派遣がおすすめです!

介護士派遣には上記でご紹介したデメリットもあるかもしれませんが、やはり個人的にはメリットの方が大きいのでは?と感じます。

もし、転職を考えているのであれば、自分なりのメリットとデメリットを一度整理してみたらいかがでしょうか?